T14 - スィクロフ古城観光ツアー

T14 - スィクロフ古城観光ツアー


15世紀から現在のシフロフの町には、城の要塞が存在していました。1820年にこの城は、フランス革命の為国外に追放されたフランスの貴族ローハン家に買収されました。荒廃したこの小さなバロック様式の城は、ローハン家により改修工事が行われ、工事は1834年まで続きました。その次に行われた改修工事(1847-62年)は、ベルナルド・グルーバーの計画に従い、城内の庭園は英国風に統一されました。城内には250にも及ぶフランスの歴代の王や、ロアン家の肖像画が並び、このフランス人肖像画の展示数は中欧最大です。また、シフロフは、ヤン・ザカリアスのユニークなガラスペインティングでも有名です。

 

自分仕様のスィクロフ城ツアーが作れます:

 の選択

  - :

大人:

子供:

  • 0 EUR
  • 不可 EUR
  • 不可 EUR
  • 不可 EUR
  • 不可 EUR
他の言語 他の言語

  • (N/A - N/A) 1 x EUR

サービス終了後に直接ドライバーにクレジットカード(Visa、Master、AmEx)か現金でお支払ください

N/A EUR

スィクロフ城について

スィクロフ城は、プラハの北約80kmの位置にあり、車で一時間半ぐらいかかります。

 

スィクロフ城の写真:

観光情報

北ボヘミアにあるスィクロフ城は、チェコ国内に現存する歴史的建造物のなかでも、最も重要視されている建物の一つです。元々、1690年~1693年に建てられたバッロク様式の城は、フリントロップ出身のラモッテ貴族によって創建され、1820年にロアン家はワルトシュタイン家から買収し、バッロク様式の城に一階部分を増やすなど、大規模改修工事に着工しました。特に、1847年~1862年に行われた改修工事は最も大掛かりなもので、城館をユニークなプセウド・ゴシック様式へと造り替えました。この工事の指揮に当たったのが、先代のB.グルーバー氏の後を継いだヨゼフ・プロヴォットでした。

 

このサイトではサービスの配信のために Cookie を使用しています。このサイトを使用すると Cookie の使用に同意することになります。 詳細