T12 - プルゼニュ :ビールの町

T12 - プルゼニュ :ビールの町

プルゼニュは西ボヘミア地方にある街で、その歴史は976年に城について書かれた記録まで遡ります。この街で最も重要な建物の一つが、13世紀に建てられた、チェコ国内で一番高い塔をもつ聖バルトロミェイ教会です。街には、ルネッサンス様式の旧市庁舎と、ヨーロッパで二番目の大きさを誇る大シナゴーグもあります。その他、プルゼンニュの街の下には、全長20kmにもわたる網目のようなヨーロッパ最大規模の地下道が存在します。この巨大トンネルの一部は、一般公開されています。また、ピルゼンニュはピルズネル・ウルクウェル(開業1842年)とガンブリヌス(開業1869年)の有名なビール醸造工場があり、旅行者に人気なのが、プルゼンニュスキー・プラズドロイのビール醸造工場見学ツアーです。ピルゼンニュ・ビールの醸造技術は主に19世紀中に発展しました。

ツアー内容:プルゼニュスキー・プラズドロイ醸造工場、ビール醸造博物館、地下道博物館。その他、街の自由見学

自分仕様のプルゼニュツアーが作れます:

 の選択

  - :

大人:

子供:

400 EUR

480 EUR

720 EUR

  • 0 EUR
  • 50 EUR
  • 不可 EUR
  • 不可 EUR
  • 不可 EUR
他の言語 他の言語

  • (2018年1月1日 - 2019年3月31日) 1 x 12 EUR

サービス終了後に直接ドライバーにクレジットカード(Visa、Master、AmEx)か現金でお支払ください

N/A EUR

プルゼニュについて

プルゼニュは、プラハから西に約100kmの距離にあり、歴史ある中心地区以外に、ピルズネル・ウルクエルビールの生産でも大変有名です。

ピルゼニュの写真:

基礎知識

西ボヘミア最大の都市プルゼニュ(ドイツ語でピルゼン)は、ボヘミア王ヴァーツラフ2世により築かれ、多様な歴史変動の様子を、街の優美な歴史的建造物を通して見ることができます。今日のプルゼニュは、人口17万3千人を誇り、文化、経済、工業で重要な役割を果たしています。また、特に有名なのが、プラズドロイ醸造所で生産されているピルズネルビール、ジュコダ社の重工業工場です(自動車工場のシュコダとは異なります)。

1295年に、新プルゼニュがヴァーツラフ二世により築かれました。新プルゼニュは通商路の町として急成長し、プラハ、クトナー・ホラに次いでボヘミア地方第三都市にまで発展を遂げました。

1468年には、プルゼニュでチェコ語の書物「トロイ年代記」が印刷されました。ルネッサンス時代は、ドイツのニュルンベルク、レーゲンスブルクとの強い結びつきにより、大繁栄します。しかし、プルゼニュの繁栄期も30年戦争により衰退し、1618年には、街の歴史上初めてプロテスタント軍隊により、占領を経験することになりました。

街は19世紀になると、産業革命によりさらに発展し、1848年に街の象徴かつ、世界的に有名なプラズドライ醸造所、1859年にはシュコダの機械製品工場が造られ、1861~1876年には、大規模な鉄道路線工事も行われました。また、大シナゴーグ、西ボヘミア博物館、大劇場が街に造られたのもちょうどこの時期です。プルゼニュは20世紀にかけ、工業、経済、文化の大都市に発展しましたが、大恐慌、二度に渡る世界大戦による影響で、大きな後退を強いられました。街は、1945年5月6日に、パットン将軍率いるアメリカ軍によりドイツ軍から開放されました。しかしその後、チェコには40年間にも及ぶ共産主義体制の運命が待っているのでした。

プルゼニュは、街が築かれて以降700年に以上にも及び、チェコ国内での確かな位置を保ち続け、現在では17万人を超える人口、文化、経済、運輸、商業、工業の中心都市の一つとなり、特に、ピルゼンビール醸造工場、シュコダ社の工場がそれを牽引しています。

西ボヘミアの最大都市プルゼニュには、今日まで残っている歴史的建造物が多数あり、代表的なものとして、聖バルトロミェイ教会、イタリア人建築家Giovanni de Statiaによって改修されたルネッサンス様式の市庁舎、ユニークなビール醸造博物館、中世からの歴史を持つ地下道、聖フランシスコ修道院と聖母被昇天教会などが挙げられます。
これらの建造物により街の歴史的中心地区が築き上げており、1989年には、歴史都市保護地区に登録されました。

ピルゼニュの地下道は、13世紀から19世紀かけてに造られ、特に目を見張るのは、この地下道が2~3階部分があり、食料保存用、製造室、麦芽倉庫、ワイン貯蔵庫などに分別利用されていることです。また、この地下道には、水を水道塔に汲み上げるシステムもありました。特に古い家のほとんどは、家屋を敷地の前方部分に建て、裏庭には畜舎、納屋、井戸が造られていました。水の供給条件がよくない位置に造られた多数の井戸は、井戸の底の部分をそれぞれ共有していました。井戸しての役目を終えたものは、後に肥溜めとして利用されました。

 

このサイトではサービスの配信のために Cookie を使用しています。このサイトを使用すると Cookie の使用に同意することになります。 詳細