T8 - 世界遺産 リトミシュルツアー

T8 - 世界遺産 リトミシュルツアー


東ボヘミア地方にある町、リトミシュルの歴史は11世紀まで遡ります。町で最も有名な建物は、1568~1581年に創建されたルネッサンス様式のリトミシュル城です。この洗練された様式の城だけがこの町の誇りではなく、世界的に有名な作曲家スメタナの出生地でもあります。この城館は1999年にユネスコ・世界遺産に登録されました。

 

リトミシュル観光情報

中世の町リトミシュルは、プラハから約160kmの距離にあり、世界的に有名な作曲家スメタナの生誕地でもあることでも知られています。

 

リトミシュルの写真:

基礎知識

東ボヘミアの町、リトミシュルの歴史は11世紀まで遡ります。トレステニツェ街道にあった、古い要塞集落があったのが始まりで、ボヘミア、モラヴィアの両地方を結ぶ交易路の重要な拠点として発展しました。

町の主要な歴史的建造物は、1568年~1581年に創建された、ルネッサンス様式のリトミシュル城です。この洗練された城だけがこの町の誇りではなく、リトミシュルは、世界的に有名な作曲家スメタナの出生地でもあります。長方形の形をした広場は、チェコ国内でも最大規模のもので、ゴシック様式の市庁舎、ルネッサンス、バッロク様式の建物が並び、アーケードや、アーチ状の地上階が特徴です。

町の伝統文化はこの地方に留まることなく、全国規模に浸透しています。城の荘厳なインテリア、特にバッロク様式の宮廷劇場、城の庭園内にある円形劇場、「スメタナの生家」記念館並びに、一年中絶え間なく行われている様々なコンサート、演劇などもこの町を文化的に豊かにしている要素です。また、1994年には中欧7カ国による大統領サミットがリトミシュル城で行われ、政治の世界にも登場することになりました。また、1995年には、スペイン皇室も城に訪れました。リトミシュル城は1999年に、ユネスコ世界遺産に登録され、「歴史都市2000年度」の賞も授かりました。

 

ツアーの設定:

:

  • リトミシュル城 閉館 (2019年9月30日 - 2019年10月27日) 1 x 10.5 EUR
  • スメタナの生誕地 閉館 (2019年9月30日 - 2019年10月27日) 1 x 2 EUR
N/A EUR
リトミシュル

リトミシュル

有名な作曲家スメタナの出生地でもあり、東ボヘミア地方にある町リトミシュルの一日観光ツアーです。

観光詳細
お問い合わせ ...
EUR
このサイトではサービスの配信のために Cookie を使用しています。このサイトを使用すると Cookie の使用に同意することになります。 詳細