南ボヘミア地方観光ツアー

南ボヘミア地方観光ツアー

 

南ボヘミア一日ツアーの見学先は、世界遺産に登録されているチェスキー・クルムロフの町とその城、ブドワイザー・ブドヴァルのビール生産で有名なチェスケー・ブディヨヴィツェの街と、隣接するフルボカー城の見学です。フルボカー城は元々、ゴシック様式で建てられた後、イギリス風のチューダーゴシック様式に改修され、おとぎ話に出てくるような外観が特徴です。

ツアー内容:チェスキー・クルムロフ城、フルボカー城、ブドヴァル・ビール醸造所

 

自分仕様の南ボヘミア地方ツアーが作れます:

 の選択

  - :

大人:

子供:

500 EUR

600 EUR

900 EUR

  • 0 EUR
  • 不可 EUR
  • 330 EUR
  • 不可 EUR
  • 330 EUR
他の言語 他の言語

  • (2019年4月1日 - 2019年10月27日) 1 x 12 EUR
  • (2019年4月29日 - 2019年6月30日) 1 x 14 EUR
  • (2018年12月31日 - 2019年12月29日) 1 x 6 EUR
  • (2019年1月1日 - 2019年12月29日) 1 x 6 EUR

サービス終了後に直接ドライバーにクレジットカード(Visa、Master、AmEx)か現金でお支払ください

N/A EUR

フルボカー城について

華麗なフルボカー城は、プラハから南に30kmの位置にあります。

フルボカー城の写真:

基礎知識

フルボカー城はチェコ国内で最も美しい城の一つです。元々は、1250年にゴシック様式の城として建てられ、1562年にルネッサンス様式に改修されました。その約1世紀後に、シュワルツェンベルク家により買収され、バロック様式の城館へと全面改修工事が行われました。1841年~1871年にかけて、イギリス風のチューダーゴシック様式に改修され、現在のおとぎ話に出てくるような外観が完成しました。

城館の敷地内には、広大な英国式庭園、乗馬学校があります。城のインテリアはフランダースのタペストリー、軍備コレクション、家具、食器、絵画などで見事に飾られており、特にフラムのウォールカーペットは、17世紀から18世紀にかけて収集されたもので、大変貴重なコレクションです。

 

チェスケー・ブディヨヴィツェについて

チェスケー・ブディヨヴィツェは、プラハの南140 km 位置にしており、歴史あるビール製造で有名な町です。

チェスケー・ブディヨヴィツェの写真:

基礎知識

マルシェ川と、ヴルタヴァ川の合流地点にあるチェスケー・ブディヨヴィツェは、南ボヘミア最大の都市で、1265年に創建されました。町は、銀鉱山とビール製造をきっかけに大発展を遂げました。

おススメの観光スポットは、チェコ国内でも最も美しい広場の一つと言われる、プシェミスル・オタカル2世広場です。広場の中央には18世紀に造られたバロック様式のサムソン噴水があり、サムソンとライオンと戦いが彫像により表現されています。広場には、バロック様式のアーケードを持つ建物が並んでおり、その中でも特に歴史的価値があるのが旧市庁舎です。広場の角にあり、とりわけ目をひく建物は、72mもある市内で最も高い黒塔です。また、見逃せないのはドミニコ修道院と、1265年創建され、この町で最も古くから残る文化遺産である聖母の祈り教会です。

チェスケー・ブディヨヴィツェのバドワイザー・ブドヴァルのビールはプルゼニュ市のピルズネル・ウルクエルと共に、チェコで最も有名なビールメーカーです。この街のビール醸造の歴史は13世紀まで遡り、神聖ローマ帝国へもこの町で造られたビールが納められていました。バドワイザー・ブドバルのビール醸造工場では、製造過程の見学ができ、見学案内時間は60分間です。見学希望の際は、事前に予約されることをお勧めいたします。

 

チェスキー・クルムロフ観光ツアー

中世の町並みを強く残しているチェスキー・クルムロフは、プラハの南160 kmの位置にあり、ユネスコの世界遺産に登録されています。

チェスキー・クルムロフの写真:

基礎知識

中世の町並みを今も強く持ち続ける、このかわいらしい南ボヘミアの町は、1992年にユネスコ世界遺産に登録されました。主要歴史建造物は、クルムロフ城と、聖ヴィート教会です。

伝説によれば、“クルムロフ”の名は、ドイツ語の"Krumme Aue"から由来していると言われ、直訳すると「曲がった草地」となり、町がヴルタヴァ川の激しい湾曲地帯にあることを考えれば理にかなっています。また、“チェスキー”とは、チェコ語でボヘミア(地方)という意味です。

クルムロフ城は、元々ゴシック様式の城としてヴルタヴァ川の湾曲地帯に沿って建てられ、当時の町の領主により1250年以前に建設されました。1680年代にエーゲンベルク家のヨハン・クリスチャン1世により、農業、建築、芸術などが急速に発展し、当時の経済恐慌を乗り越え、30年戦争の影響を受けた芸術文化を守ることに成功しました。また、ヨハン・クリスチャン1世は、チェスキー・クルムロフの町をバロック様式へと改修していきました。

町の歴史中心地区にある300以上の建物が、ユネスコの世界遺産に登録されています。また、チェスキー・クルムロフ城はプラハ城に次ぐ、国内第二番目の規模を誇ります。城内見学では、世界最古のバロック様式の劇場も見学することができます。

 

このサイトではサービスの配信のために Cookie を使用しています。このサイトを使用すると Cookie の使用に同意することになります。 詳細