T3 - 温泉地カルロヴィ・ヴァリ、マリアーンスケー・ラーズニェ

T3 - 温泉地カルロヴィ・ヴァリ、マリアーンスケー・ラーズニェ

カルロヴィ・ヴァリ(別名カールスバート)はチェコ国内で最大規模の、最も有名な温泉リゾート地です。昔から温泉の源泉地帯と知られていたこの地に、14世紀中頃、温泉町カルロヴィ・ヴァリが造られました。ヨーロッパ中の貴族層を中心に、12の源泉を誇るこの町に、治療や、静養、または休養を目的に訪れました。町にあるコロナーダは、治療目的に飲む温泉水を堪能しながら、ゆったりとした歩行を楽しむ為に造られ、悪天候も気にすることなく散歩に出かけることができます。このツアーではマリエンバートとしても知られている、温泉町マリアーンスケー・ラーズニェの観光も含まれています。深い森に囲まれているこの小さな町には、ロマンチックなパステルカラーが特徴的なホテルが立ち並び、可愛らしい素敵な景観をお楽しみ頂けます。

ツアー内容:温泉水を汲んで、ゆっくりコ飲みながらロナーダの散策が含まれています。また、ご希望の際は、モーゼル社ミュージアム。ショールーム見学、ヤン・べへール博物館(ベヘロフカの歴史)、温泉入浴、保養地での温泉治療も体験して頂けます。

 

自分仕様のマリアーンスケー・ラーズニェ、カルロヴィ・ヴァリツアーが作れます:

 の選択

  - :

大人:

子供:

500 EUR

600 EUR

900 EUR

  • 0 EUR
  • 不可 EUR
  • 330 EUR
  • 不可 EUR
  • 330 EUR
他の言語 他の言語

  • (2018年12月23日 - 2019年12月22日) 1 x 8.5 EUR
  • (2019年1月1日 - 2019年12月29日) 1 x 7 EUR

サービス終了後に直接ドライバーにクレジットカード(Visa、Master、AmEx)か現金でお支払ください

N/A EUR

マリアーンスケー・ラーズニェのツアー


マリアーンスケー・ラーズニェの写真:

基礎知識

ドイツ語のマリエンバートとしても知られている、温泉町マリアーンスケー・ラーズニェは、現在、チェコ共和国で最も人気のある温泉町カルロヴィ・ヴァリの陰に隠れていますが、昔からそうであったわけではなく、すでに1528年には温泉町としての最初の記述があり、町は18世紀から19世紀にかけて最盛期を迎えました。

深い森に囲まれているこの小さな町には、ロマンチックなパステルカラーが特徴的なホテルが立ち並び、可愛らしい素敵な景観を造り上げています。マリアーンスケー・ラーズニェには、ゲーテ(80歳のゲーテが恋に落ちたウルリーケ・フォン・レヴェツォーへの失恋から『マリーエンバート悲歌』が生まれたのもこの町でのことです。)、マーク・トゥーエン、ショパン、シュトラウス、ワーグナー、フロイト、カフカなど数々の著名人も滞在しました。特に英国王子エドワード7世は、この小さな温泉町を9回も訪れ、チェ国内初のゴルフクラブRoyal Golf Club Marianske Lazneまで造るほど、この町を絶賛していました。

 

温泉ツアーについて


カルロヴィ・ヴァリの写真:

基礎知識

カルロヴィ・ヴァリは(ドイツ語でカールスバート)、チェコ国内で人気、規模ともに一番の温泉リゾート地です。観光産業は町にとって非常に重要な収入源で、年間15~20万人の観光客が訪れます。その内、約70%が世界80カ国から訪れる外国人観光客で、平均滞在期間は2~3日間です。

天然温泉は数百年に渡り、健康目的に利用され続け、薬学、診療医学の飛躍的な発展と共に、現代の日常生活の中で、温泉治療がより重要視しされるようになりました。

町にあるコロナーダは、治療目的に飲む温泉水を堪能しながら、ゆったりとした歩行を楽しむ為に造られ、悪天候も気にすることなく散歩に出かけることができるホールのような建物のです。また、コロナーダは、新鮮な空気を求めて散歩に向かう人々の集まる場所としての役割も果たしています。コロナーダの散策は多くの医者が有効なテラピーの手段であると強調しています。

 

このサイトではサービスの配信のために Cookie を使用しています。このサイトを使用すると Cookie の使用に同意することになります。 詳細